Exness

Exness(エクスネス)に禁止事項・出金拒否はある??運営に取材してみてわかった点まとめ

Exnessに禁止事項はある? 運営からの回答まとめ


最大レバレッジ無制限という特徴をもち、日本上陸後から圧倒的スピードでユーザーを獲得しているExness(エクスネス)

そんなExnessですが、やはり気になるのは禁止行為の内容、出金拒否の有無ですよね。

本記事では、Exnessで規定している禁止事項や、出金拒否事例の有無について、徹底的に調べてみました。

Exnessでのトレードを考えている方は必見ですよ!

Exnessの特徴については以下の記事で詳しく解説しています↓

 

Exnessの特徴を解説!評判・安全性は? 今回は、海外FX業者であるExness(エクスネス)について専業トレーダーである筆者がとことん解説していきます。...

 

 

 

Exnessに禁止行為等の記載はない

 

他社で規制されているケースがある、スキャルピングや両建て取引を戦略としてトレードしたいトレーダーにとっては、禁止事項の確認はマストともいえる作業になりますが、

Exnessの公式ページ内ではそれらの禁止事項等について記載されているページは、現在のところ存在しません。

これでは何が禁止事項にあたり、出金拒否などの処置をうけてしまうのかがわからなかったため、他社でよく上がっている行為について、公式のサポートに問い合わせてみました。

 

スキャルピングに制限はない

 

まず実際にトレーダーがおこなう可能性がもっとも高いスキャルピングについてですが、

公式の回答としては、ポジション保有期間や取引回数に関わらず、Exnessではスキャルピングに関して一切制限は設けていない、とのことです。

ただし、実際には通貨ペアごとにストップレベルが存在したり、口座タイプによってスプレッドが異なる為、トレーダーの手法によってはExnessがスキャルピングに不向きな可能性がある点には留意してください。

Exnessのストップレベル について解説!
Exness(エクスネス)のストップレベルについて徹底解説!スキャルピング・自動売買は可能? 今回は、海外FX業者であるExness(エクスネス)のストップレベルについて解説していきます。 ストップレベルとは...
Exnessの4つの口座タイプについて徹底解説! 最大レバレッジ無制限やスワップフリーでの仮想通貨取引等、他にはないサービスを提供している海外FX業者、Exnes...

 

両建て取引は認められている

 

両建て取引についてもサポートに聞いてみました。

Exnessでは両建て取引について認めており、Exnessの口座内での両建て取引、他社口座間との両建て取引どちらについてもOK、ということです。

他社口座間との両建てについては禁止しておるブローカーが圧倒的に多かったので、これは意外でした。

ただし、結局のところその「他社」が口座間の両建てを禁止していれば、そちらの口座が影響をうけてしまいますので、利用する際はExness同様、他社口座間の両建てが認められているブローカーでないと意味がないですね・・・。

 

 

アービトラージも可能

 

Exnessではアービトラージ(裁定取引)についても制限を設けていないとの回答をいただきました。

これに関しても他社にはなかなかないことです。

実践しているトレーダーがどれだけいるのか、という点は定かではありませんが、Exnessではアービトラージの取引戦略が実行可能ですので、挑戦してみてもいいかもしれませんね。

 

遅延を利用した取引は措置の対象の可能性

 

その他よく他の海外FX業者で禁止事項として挙げられている

 

・遅延を利用した取引

・レートエラーを利用した取引

について聞いたところ、こちらに関しては意図的に行っているという判断が運営側からなされた場合、口座凍結や出金拒否の措置の対象となる可能性があるとのことでした。

一般的な取引をするトレーダーには無縁の内容ではありますが、これらの行為が措置の対象として存在する、ということは頭に入れておきましょう。

 

Exnessの取引制限は緩い

 

ここまでExnessの禁止行為について、運営からの回答をまとめましたが、

他社と比較すると非常に規制がゆるい、ということがわかりました。

正直、スキャルピング以外の取引戦略については実践しているトレーダーは多くないと思いますが、(他社ではほとんど禁止事項として明記されている行為のため)

人によってはより視野の広い取引戦略で相場に臨むことができるかもしれませんね。