Exness

Exness(エクスネス)での仮想通貨取引についてわかりやすく解説!

Exness(エクスネス)での仮想通貨取引についてわかりやすく解説!


今回は、海外FX業者であるExness(エクスネス)の仮想通貨取引について、その概要をわかりやすく解説していきます。

Exness(エクスネス)は、最大レバレッジが無制限であることなどを売りとして、2020年の日本上陸後人気に火が付いた海外FX業者です。

Exness全体の特徴についてはコチラ↓

Exnessの特徴を解説!評判・安全性は? 今回は、海外FX業者であるExness(エクスネス)について専業トレーダーである筆者がとことん解説していきます。...

 

それでは、さっそく見ていきましょう。

 

 

 

Exness(エクスネス)の仮想通貨取引について

Exnessでは、仮想通貨の取引が可能となっています。

しかし、取引ができる口座や銘柄については制限があるため、実際にExnessで取引をする際には注意が必要です。

以下にその概要をまとめています。

 

 

Exnessで取引できる仮想通貨銘柄

 

Exnessで取引できる仮想通貨の銘柄は、

・ビットコイン(BTC)

・ビットコインキャッシュ(BCH)

・リップル(XRP)

・イーサリアム(ETH)

・ライトコイン(LTC)

 

の5種類となっています。

モナコインやネムといった銘柄はExnessでは取引することができませんので注意してください。

 

 

仮想通貨取引ができる口座タイプ

 

Exnessでは4つの口座タイプを用意していますが、このうち仮想通貨取引が利用できるのは

・スタンダード口座

・ロースプレッド口座

・ゼロ口座

の3つのみとなります。

プロ口座での取引ができないという点にはご留意ください。

 

Exnessの4つの口座タイプについて徹底解説! 最大レバレッジ無制限やスワップフリーでの仮想通貨取引等、他にはないサービスを提供している海外FX業者、Exnes...

 

取引可能銘柄の1つであるリップル(XRP)については、更に制限があり、現状で取引可能なのはスタンダード口座、取引プラットフォームはMT5のみとなっています。

リップルの取引がしたいという方は他の口座、MT4には対応していないことをご理解ください。

 

 

最大レバレッジは200倍固定

 

 

Exnessといえばその最大レバレッジが特徴的な海外FX業者ではありますが、残念ながら仮想通貨取引においては通貨ペアごとに最大レバレッジが制限されています。

以前は通貨ペアごとに最大20-100倍の制限がありましたが、2021年4月より、すべての仮想通貨ペアの最大レバレッジが200倍となりました。

 

しかも証拠金の額によってレバレッジが変動することがなく、常に200倍固定でトレードを行うことが可能となっています。

 

仮想通貨はボラティリティが大きいため、顧客資産の保護の観点からさすがにレバレッジ無制限とはいきませんが、2021年4月からほかの取引所の水準をはるかに上回るハイレバレッジでトレードができるようになりました。

 

 

 

 

Exness(エクスネス)の仮想通貨取引のメリット

 

スワップフリーで取引が可能

 

Exness(エクスネス)で仮想通貨取引をするメリットとしては、スワップフリーであることが挙げられます。

多くの仮想通貨のFX取引が可能な取引所では、スワップポイントがかなり高いです。

取引所によっては数時間に1回発生するので、長期的なポジションを持つとスワップ負けしてしまう可能性や、利益を大幅に削ってしまう可能性があります。

そういう意味ではExnessのスワップフリーという点は革命的です。スイングでポジションを持ちたいならば、正直言って利用しない手はないです。

仮想通貨取引のメイン口座としても十分おすすめです。

 

MT4・MT5で取引ができる

 

Exnessでは、最大200倍での仮想通貨取引を、ほかの通貨ペアや金融商品と同様、メタクウォーツ社開発の取引プラットフォームであるMT4・MT5を用いて取引することが可能です。

大手の海外取引所(Bybit、FTX、Binance等)では独自のプラットフォームを採用しており、慣れないというかたも多いのではないでしょうか。

Exnessならば最も一般的な取引プラットフォームであるMT4・MT5を利用できるので、トレードをしたことがある方ならだれでも簡単に仮想通貨取引をスタートさせることができます。

もちろん、EAを使った取引なども可能となりますね。仮想通貨取引のシステムトレーダーを目指してみるのも面白いかもしれません。

 

円で取引ができる

 

現在、多くの海外仮想通貨取引所は証拠金は日本円で入金することができず、

BTCやUSDTといった仮想通貨を入金する必要があります。つまり、いったん日本の取引所などで円で仮想通貨を購入し、海外の取引所に送金、というのが一般的な流れでした。

 

この方法にはいくつか問題があり、

 

・手順が煩雑

・送金に失敗するリスクがある(失敗すると仮想通貨は帰ってこない)

・税金計算が非常に面倒くさい

など色々とデメリットが生じます。

 

Exnessでは円を入金すればそのまま仮想通貨取引ができますので、スムーズに取引開始ができますし、送金に失敗することもありません。

さらなんといっても利益の計算が非常に単純になります。どれだけ円が増えたか、に対して課税されるだけですからね。

2020年は仮想通貨で利益が出た人も多かった半面、確定申告でかなり苦労されたのではないかと思います。

その点ではExnessでは利益計算の作業もグッと楽に行うことができるでしょう。

 

 

まとめ

 

Exnessでの仮想通貨取引についてまとめました。

通常のFX取引とは違い、取引できる口座タイプに制限があったり、最大レバレッジが通常とは異なる点など、実際に仮想通貨取引を行う際には注意が必要です。

 

ただし、上記のように非常に魅力的な面もたくさんありますそで、仮想通貨もFX取引同様に行いたいという方は是非Exnessで仮想通貨取引をスタートさせて見てください!