海外FX

FXのNDD方式のDD方式はどちらが有利?両者の違いを分かりやすく解説!

DD方式とNDD方式の違いを わかりやすく解説!


FXで取引をしていると必ずといっていいほど聞くことになるのが「DD方式」「NDD方式」いう用語。

後述しますが、この2つの用語はFX業者の注文方式を現した言葉で、使っているFX業者がどちらを採用しているかによってトレードに大きく影響することをご存知ですか?

 

今回はそんなDD方式とNDD方式について、

 

・DD方式、NDD方式の違い

・どちらがトレーダーにとって有利か

 

こんな疑問について、専業トレーダーである筆者がわかりやすく解説していきます。

なんのことかさっぱり、という方は是非目を通し、FX業者選びの参考にしてみてください。

手っ取り早く業者を選びたい!という方は、

私が実際に利用しているおすすめのFX業者一覧を紹介していますのでそちらをご参考にしてみてください。

【2021年最新】専業トレーダーが本当におすすめする海外FX業者10選! ハイレバレッジやゼロカットといった特徴を筆頭に、国内FX業者にはない魅力がたくさん詰まっている海外FX業者。 一方で、国内...

 

FXのDD方式とNDD方式の違い

 

結論から簡単に書くと、トレーダーの注文をFX業者を仲介して通すのがDD方式、直接インターバンクへ流すのがNDD方式です。

通常、FXではFX業者にて口座を開設し注文ますが、実際にはインターバンクと呼ばれる金融機関へ注文を通しトレードをします。

 

DD方式(Dealing Desk)は、トレーダーの注文をFX業者で仲介し、FX業者のデスク内のディーラーがインターバンクへ通すかどうかを決定する注文方式です。

 

DD方式の仕組み

 

一方でNDD方式(Non-Dealing Desk)はFX業者内にディーラーはおらず、トレーダーの注文をそのままインターバンクへ流す注文方式のことを指します。

 

NDD方式の仕組み

 

トレーダーの注文をFX業者のディーラーを仲介するかどうかが大きく異なる点となります。

一般的に、FX国内FX業者はDD方式を採用しており、海外FX業者ではNDD方式を採用していることが多いので、頭に入れておくとよいでしょう。

 

DD方式のメリット・デメリット

 

なんといってもDD方式のメリットは、取引手数料(=スプレッド)が圧倒的に狭いことでしょう。

本来であれば、スプレッドは時間帯や相場の状況によって常に変動するものです。

しかし、インターバンク直結でなく、1回の注文でトレーダーとディーラー、ディーラーとインターバンクという2段階の取引が行われるDD方式では、トレーダーの注文はインターバンクにそのまま流れているわけではないため、実際の変動しているスプレッドではなく、業者が独自にスプレッドを設定することができます。

その結果、圧倒的に狭いスプレッドでの取引が可能になっている、というわけですね。

先ほどDD方式は国内業者がほとんどであるといいましたが、国内の業者がたとえばドル円のスプレッド=固定で0.3pipsのような設定ができるのはこの恩恵を受けているからです。

これほどの低スプレッドで取引できるのは世界中を見ても国内のFX業者くらいではないでしょうか。

 

一方で、注文を一旦ディーラーに経由させる、ということは、必ずしも注文をインターバンクへ流しているとは限りません。

DD業者は顧客同士の注文を相殺してしまったり、一定以上の取引量になるまで小口の注文をインターバンクに流さない、ということができます。(いわゆる「呑み」行為)

このあたりについてはトレーダーに公表されることはありませんから、透明性でいうと完全にブラックボックスな状態になります。

DD業者はNDD業者に比べ圧倒的にスプレッドが狭いため、手数料収入だけでは経営が成り立ちませんので、トレーダーの負けが業者の利益になるという利益相反の関係になっているといえます。

これがDD業者の最大のデメリットといえるでしょう。

 

NDD業者のメリット・デメリット

 

NDD方式のメリット・デメリットはまさにDD業者の裏返しといえます。

まずメリットですが、取引の透明性が高いです。

さきほど書いたようにNDD業者はDD業者のように一旦注文を業者でカバーするという仲介がありませんので、顧客の注文を全てインターバンクへ流します。

ですので、NDD業者が利益を得るためには取引ごとの手数料収入のみとなります。

トレーダーが利益を出して取引を多くしてくれるほど業者が儲かる仕組みになっているので。DD業者のようにトレーダーの利益が会社の損失となるような利益相反が起こりません。

そのため取引の透明性が高く、スキャルピングや自動売買も安心して行えます。

 

デメリットとしてはDD業者と比べるとスプレッドが高いです。

NDD業者は注文を自社のディーラーで仲介しない以上、独自にスプレッドを定めることはできず、基本的に相場に合わせてスプレッドが変動することになります。

これに加え、NDD方式では取引手数料のみが収入源ですので、一定の手数料を上乗せしてレート配信を行っています(マークアップ)。

この中にはIBへの報酬も含まれており、結果として独自にスプレッドを設定しても注文の呑みなどを利用して利益を上げることができるDD業者と比較すると、どうしてもスプレッドは広くなってしまいます。

DD方式の取引になれているトレーダーからしたら、NDD業者のスプレッドではとても取引にならないという方もいます。

 

トレードスタイルに合わせて業者を選択する

 

以上がDD方式とNDD方式の違いとなります。

結論を言うとどちらが優れている、というわけではなく、自身のスタイルに合っている業者を選ぶべきだと考えます。

例えばいわゆる東京時間に取引を主におこなう方であれば、スプレッドが高くなりやすいNDD業者よりも、原則固定スプレッドで取引できるDD業者の方が有利かもしれません。

逆にスプレッドがあまり広がらない時間帯であれば、よほど値幅の狭いトレードをしない限りはNDD業者の方がよいかもしれません。

また、海外のNDD業者と国内のDD業者では根本的に特徴がことなります。(最大レバレッジ、税制など)

海外FXのメリット、デメリットとは?専業トレーダーが解説 こんにちは! 専業FXトレーダーのざくろです。 FXを始めてみたい!となったとき、まずやらなくてはいけないのはFXを...

 

もっと言えば海外のFX業者でもDD方式を採用している業者は多くはないものの存在しますし、最近では国内のFX業者でも海外に合わせNDDを採用している業者もあるようですので、その違いも踏まえて業者を選ぶとよいでしょう。