海外FX

オンライン決済サービスのSTICPAYについて徹底解説!bitwalletとどっちがいい??

オンライン決済サービスのSTICPAYについて徹底解説!bitwalletとどっちがいい??

今回は、海外FX業者の入出金に使われる手段の1つである、オンライン決済サービスのSTICPAY(スティックペイ)の特徴について徹底解説していきます。

2017年に立ち上げられたSTICPAY。現在ではオンラインカジノや海外FX業者の入出金手段として普及し始めています。まだまだ設立から日が浅いので知名度はそこまで高くありません。

この記事ではそんなSTICPAYの概要・運営会社の詳細・手数料について、よくある疑問を網羅して徹底解説していますので、ぜひ最後まで目を通してみてくださいね。

 

STICPAYとは

冒頭でも書きましたが、STICPAY(スティックペイ)は、2017年にスタートしたオンライン決済サービスです。

香港に本社を持つ企業が運営するサービスのようです。2017年スタートと新しめのサービスですが、2020年現在、いくつものオンラインカジノや海外FX業者に対応しており、日本人ユーザーもそれなりに多いサービスとなっています。

イングランドプロサッカーリーグ(プレミアリーグ)のサンダーランドAFCとスポンサー契約していたという実績もあり、信頼性は高いといえるでしょう。

 

STICPAYでできること

 

STICPAYでは対応している店舗・サービスにおいて、以下の機能を利用することができます。

・送金

・入金

・出金

・決済

・ATM出金

海外FXを利用するにあたっては、ご自身の銀行、カードからSTICPAYへの入金、海外FX業からの資金移動として送金、そしてご自身の銀行・カードへの出金の3つを利用することとなります。

海外FX業者においてはbitwalletという送金サービスに対応しているところも多いですが、こちらのSTICPAYでもやることは同じようなものです。

bitwalletの特徴と口座開設方法を紹介! 海外FX業者を使ってFXをする際、入出金方法は業者によって対応が異なります。 具体的にはクレジットカード入金や海外銀行送金...

 

STICPAYのメリット

 

日本語サポートが充実している

STICPAYは香港の企業が運営していますが、公式サイト・アプリは日本語に完全対応しています。

海外のサービスでありながら、英語が全く読めないという方でも問題なく利用することができます。

また、サポートも日本語に対応しているため、わからないことが出てきても気軽に問い合わせることができます。

 

少額の出金手数料がお得(海外銀行送金)

 

STICPAYでは、出金手数料として出金額の1%が手数料としてかかります。

bitwalletと比較するとbitwalletでは国内銀行送金の出金手数料は一律824円なので、一見高くつくように思えますが、9,000円以下の少額出金であればbitwalletより安く出金できるというメリットもあります。

 

STICPAYのデメリット

 

国内銀行送金に対応していない

 

2020年10月現在、STICPAYでは国内銀行送金に対応していません。

国外銀行送金には対応していますが、国内銀行送金と比べるとやはり手続きが面倒であることは否めません・・・。

クレジットカードには対応していますが、手数料が3.85%と結構な金額がかかってしまいます。

国内銀行送金に対応すればぐっと使いやすいサービスになるので、ここは是非とも改善していただきたいポイントです。

 

手数料はbitwalletと比較すると高め

 

STICPAYは同様の送金サービスのbitwalletと比較すると、残念ながら手数料が高くついてしまうことがほとんどです。

 

以下で各手数料を比較してみました。

入金方法 STICPAY bitwallet
国内銀行送金 非対応 無料
海外銀行送金 入金額の1% 非対応
クレジットカード
(Maeter/VIZA)
入金額の3.85% 入金額の4%
クレジットカード
(AMEX,Diners)
非対応 入金額の5%
ビットコイン(BTC) 無料 非対応

 

出金方法 STICPAY bitwallet
国内銀行送金 非対応 824円
海外銀行送金 出金額の5% 4800円

 

比較するとクレジットカードの入金手数料を除けばbitwalletの方が手数料が安いことがお分かりになると思います。

特に出金でいえばbitwalletは国内送金であれば一律824円で済むので、ほとんどの場合、bitwalletを利用する方がお得という結果になります。

 

 

STICPAYはおすすめなのか?

 

ここまで概要をざっと説明したSTICPAYですが、結論から言うと、正直ここをあえて利用するメリットはありません。

なぜならば、基本的にかかってくる手数料が高いからです。

例えば、海外銀行送金を使って入金・出金をすると仮定すると、入金には入金額の1%の手数料、出金には出金額の5%も手数料が引かれてしまいます。

金額が大きくなればなるほど、結構な金額を取られてしまいます・・・。

国内の銀行送金にも対応していません。

一方でbitwalletでは国内銀行送金を利用すれば、入金手数料は無料、更に出金手数料は一律824円となっているので、圧倒的にbitwalletの方が送金手数料に関しては優れています。

そういった意味では基本的に利用は避けたいところなのですが、

・9,000円以下の出金しかしない少額トレーダー

・利用している海外FX業者がbitwalletに対応していない

 

これらに該当する方はSTICPAYの利用を検討した方がよいでしょう。

 

STICPAY対応の海外FX業者

 

STICPAYでの送金に対応している海外FX業者は増えつつあります。

2020年10月現在XM、LANDFX、GEMFOREX、Exness、TitanFXなどの海外FX業者がSTICPAYを利用した送金に対応しています。

【2021年最新】XMTradingの特徴を解説!評判・安全性は? 今回は海外FX業者である「XMTrading」について専業トレーダーである筆者がとことんレビューしていきます。 海外FX業...
【2021年最新】TitanFXの特徴を解説!評判、安全性は? 今回は、海外FX業者であるTitanFX(タイタンFX)ついて専業トレーダーである私がとことんレビューしていきます。 ...
【2021年最新】GEMFOREXの特徴を解説!評判・安全性は? 今回は、海外FX業者である「GEMFOREX(ゲムフォレックス)」について専業トレーダーの筆者がレビューしていきます。 結...
Exnessの特徴を解説!評判・安全性は? 今回は、海外FX業者であるExness(エクスネス)について専業トレーダーである筆者がとことん解説していきます。...
【2020年最新】LAND-FXの特徴を解説!評判・安全性は? 今回は、海外FX業者であるLAND-FX(ランドエフエックス)の特徴について、専業トレーダーである筆者がとことん解説していきます...

 

このうち、LAND-FX以外ではbitwalletにも対応していますので、基本的にはやはりbitwalletを使う方が現状ではお得に送金ができます。

 

 

まとめ

 

海外FX業者の中で急速に普及しつつあるオンライン決済サービスSICPAY(スティックペイ)について紹介しました。

残念ながら現状は手数料が少し高めであり、類似サービスのbitwalletと比較すると不便なイメージは否めません・・・。

しかしSTICPAYはまた立ち上がったばかりのサービスなので、これからの発展に期待したいところです。